ムシポン設置方法

●ムシポンシリーズは屋内専用器具です。

●電源コードの長さは約2mです。100Vの電源が必要になります。

●重量に耐えうる場所に添付の金具で取り付けてください。

↓専用の取り付け金具が本体に同梱されています。
MPS2000、MP2200兼用取り付け金具 ムシポンポケット用取り付け金具
MPX-2000、MP-2300兼用取付金具 ムシポンポケット用取付金具


・添付以外の部品をご利用の場合、クサリなどを延長される場合は、同等もしくは同等以上の強度のものをご用意下さい。

●ヒートンを天井に取り付ける場合は下述事項をご参考ください。MPX-2000等)

・最近の石膏ボード系天井材は脆いので必ず天井下地材に取り付けてください。
 ※市販の壁うら探知機(4千円程度)を使用すると便利です。
・天井下地材には木材製と金属製があります。
・金属製の場合は材質、板厚でも異なりますが2.5~3.0mmの下穴が必要です。
 ※天井下地材の位置(間隔)は最低でも45.5cmに1本が基本ですが天井材の種類(大きさ)によって異なります。
 ※石膏ボードが固定されているビスを目印にしてください。
・木材の場合は直接でもいけますが2.5mm前後の下穴をあけると 容易にねじ込めます。
・天井材が金属(アルミ・SUSなど)の場合は、下穴を開け、直接ヒートンをねじ込むことが出来ます。材質によって異なりますが、2.5〜3.0mmの下穴をご用意ください。

●壁面に取り付ける場合は下述事項をご参考ください。(ムシポンポケット等)

・壁面が石膏ボードの場合、壁下地材にネジを止めるとより強固です。下穴は2.5〜3.0mmでご用意ください。
・壁下地材に止められない場合には付属の中空用アンカーを使って固定してください。
 ※ムシポンポケット以外の商品には、中空用アンカーが付属されておりませんので、メーカーもしくはホームセンターなどでご用意下さい。

【注意】ねじ込み後、引っ張って必ず強度をご確認ください。

※電源コードの長さの変更が必要な場合はご注文時にお申し付けください。