ムシポンの効果的な使用法

1.虫がいそうな場所に設置する

出入り口や窓の側、また水周りやゴミの近くなど、虫が侵入しやすい場所に設置します。虫が部屋の中を飛び回る前に素早く捕らえるためです。

2.ムシポンの光が外に漏れないような位置に設置する

余計な虫を呼び寄せる必要はありません。

3.なるべく低い位置に設置

小さな虫の多くは2m以上高くは飛びません。1.5〜1.8mの低い位置に設置していただくほうが虫もよく捕れ、捕虫紙の交換もしやすくなります。なお、ムシポンは取付の高さに法的制限はありません。

4.夜間も稼動する

一般的に虫は日没後と夜明けに活動が活発になると言われています。夜間に他の照明が落ちて、ムシポンだけが稼動しているとより一層効果が上がります。

5.捕虫紙は定期的に交換

「虫が減った」「増えた」というのは、なかなか目で見て判るものではありません。定期的に交換された捕虫紙の捕獲状態は、そのままお店(工場)の「虫レベル」を表現し、現在の対策が充分であるかを判断する貴重な資料となります。ムシポンは専門家のためのツールとしても非常に有効です 。